タブレット活用お助けツール「おてがるランチャーGoGo」の提供を開始

株式会社セカンドファクトリー(本社:東京都府中市、代表者:大関興治、以下セカンドファクトリー)は、2017年1月6日より、シンプルな画面構成で授業を効率的に行うことを目指した文教様向けWindowsタブレット専用のランチャー(アプリケーション起動補助)、ICT活用お助けツール「おてがるランチャーGoGo」(商標登録済 第5891132号)の提供を開始します。

 2020年より小学校で実施の次期学習指導要領においては、「何を学ぶか」との指導内容にとどまらず「どのように学ぶか」「何ができるようになるか」との基本方針が打ち出されており、子ども達が「主体的・対話的で深い学び」の実現を目指した「アクティブ・ラーニング」の視点からの授業改善の取組の活性化が求められております。また、それらの条件整備としてICT環境の整備などにも言及されており、今後ますます教育分野でのICT活用が求められております。
 一方、学校現場においては、「先生によるICT活用」は増加傾向にあるものの、「子ども達のICT活用を指導する能力」は未だ低い状況です。その対策の1つが「タブレットの操作性の向上」にあると考え、「おてがるランチャーGoGo」の開発に至りました。

 「おてがるランチャーGoGo」は、国内に約90拠点の販売網を整備し、法人に強い顧客基盤を持つダイワボウ情報システム株式会社(本社:大阪市中央区、取締役社長:野上義博、以下DIS)より、全国の販売パートナー様を通じて提案を実施することで、日本全国の学校への普及拡大を目指してまいります。

おてがるランチャーGoGoの主な特徴

・シンプルな画面構成により、使いたい機能を直感的に把握できる。
・アプリケーション上でファイルの整頓が可能。
・バッテリー残量、Wi-Fiの接続状況が一目でわかる。
・カラーバリエーションの変更が可能。
 (メイン6色、背景6色で36通りの組み合わせが可能)
・フォルダの中身を、画面を切り替えずに表示でき、待ち時間がない。
・授業でよく使うアプリケーションを事前に登録できる。
・アプリケーション上で担当の先生のフォルダを切り替えることができる。
otegarulaunchergogonews

おてがるランチャーGoGoのご提供方法

・DISより販売する学校向けWindowsタブレットに対し「おてがるランチャーGoGo」の
 ソフトウェアを原則無料にて添付、ご提供させて頂きます。(対象となる学校、タブレットに
 DIS所定の基準がございます。詳細はお問い合わせください)
・ご利用には、セカンドファクトリー社ホームページにて該当ソフトウェアのダウンロードと
 DISより発行する「認証キー」が必要となります。
 尚、設定、設置等付加サービスを希望される場合は有償となります。
 詳細はお問い合わせください。
・本ソフトウェアの協賛メーカーは下記7社です。(OS:Windows8/8.1/10)
(デル株式会社(※1)、株式会社東芝、日本エイサー株式会社、株式会社日本HP、
 日本電気株式会社、富士通株式会社、レノボ・ジャパン株式会社)
 ※五十音順
 ※1:2in1タブレットのみ対象
・セカンドファクトリー製品紹介ページ
http://www.2ndfactory.com/product/otegarulaunchergogo

株式会社セカンドファクトリーについて

株式会社セカンドファクトリーは、1998年1月に創業し、Design・Technology・Serviceの観点から、コンサルティング・デザイン・エンジニアリングまで一貫して行うことで、クライアント企業の抱える課題を解決し、共に新たな価値を創造し続けています。
私達を含め、あらゆる企業が常時変化する環境に合わせ、これまでのやり方を刷新し、成長戦略を持って新しい価値を創造していかなければなりません。「ひとつひとつの価値を繋ぎ合わせ、豊かな未来を実現する」それが私達のモットーです。



※※記載されている会社名、商品名、サービス等は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースに関するお問い合わせ

・おてがるランチャーGoGoのご検討、導入に関しましてはこちら。
 ダイワボウ情報システム株式会社
 Email:otegarurun@pc-daiwabo.co.jp

・おてがるランチャーGoGoの製品に関しましてはこちら。
 株式会社セカンドファクトリー
 Email:sales-group@2ndfactory.com
 営業時間 9:00~18:00(土日祝祭日 及び弊社休業日を除く)